乳がん予防のバストセルフマッサージの勧め

健康コラム/1 「乳がん予防のバストセルフマッサージの勧め」

 

(1)「乳房セルフマッサージ」

乳ぼうには沢山の血管が通っていますが「筋肉」はまったくありません。足や腕には筋肉が沢山ありますから、通常歩くたび・動かすたびに筋肉が血管を締め付け、古い血液もリンパ液も押し出してくれるので、いつも新鮮な血液・リンパ液が流れています。


ところが乳ぼうにはそのような機能は全くありません。古い血液がとどこおりぎみでその結果新しい血液も新しいリンパ液も入ってきにくい状態が続いています。


それに最近の下着は高性能で、背中のほうまでとても強く締め付けていますから血流とリンパ液の流れは最悪と言ってもいいでしょう。


おそらく神様は「筋肉はなくても揺れによって血流が生まれるから大丈夫だろう」とお考えになったのでしょうが、現代人の乳ぼうはそういう風にはなっていませんよね。。。


このような状態ではリンパ系細胞が活躍できないのは当たり前です。結局のところ乳房内の古い血液やリンパ液は自分の手で押し出してあげるしかないのです。


具体的なマッサージの方法ですが、下のほうから乳ぼうをつぶすようにして、古い血液を脇の下に向けて流してあげるようにします。一気にできないときは、一旦デコルテのあたりで手をとめ、改めてデコルテから脇の下に流してあげるようにしましょう。


脇の下には大きなリンパ節がありますから、そこに古い血液やリンパ液を流してあげるのが効果的です。リンパケアマッサージでは一番近いリンパ節に向けて部位を絞り上げるのが基本です。


真下からだけでなく、斜め下方向や真横方向からも絞り出すようにつぶしていきましょう。


片側を3回ほどつぶすように流したら、新しい血流が流れ込んでくるのを待ちましょう。その間にもう片方を同じようにマッサージしてあげてください。


左右3回ずつくらいしてあげるといいでしょう。


はやり入浴中が一番効果的です。体が温まって血流がよく、また温まることで体がわずかに膨張して血管も広がっているからです。


生理前で乳ぼうが張っていると少し痛くてできるだけ触りたくないかもしれませんが、生理前にこそ免疫機能を上げてください。痛くない範囲内でゆっくりと優しくしてあげればきっと大丈夫です


ただガンは「ひとつのDNAが壊れただけでは発病せず、ガンに関係するDNAが5つくらい壊れていないと発病しない」ことが最近の研究で分かってきたそうです(「又吉直樹のヘウレーカ」(2019.3)大阪大学教授仲野徹氏)。

 

むかしは「ゲノム解析」というと何百万円もかかりましたが、最近は1万円台で「遺伝子解析キット」が売られています。「肥満遺伝子」などの目的限定キットなら3千円台のものもあります。

 

どのDNAが壊れやすいのかは遺伝によるところが大きいと思いますので、予防医療のために自分がどんな病気にかかりやすいのか、どういう食生活や生活習慣に気を付ければいいのかをあらかじめ知っておくのはとても重要です。定期検診や診察の「ついでに」気になる病気の検査もしてもらえますよね。
遺伝子検査サービス「MYCODE」

あなたのお腹に痩せ菌います? / 腸内フローラ検査「スリムチェック」

(2)乳がんになる理由

 

@「エストロゲン」
「乳がん」の発症には皆さんご存知のように女性ホルモン「エストロゲン」が大きくかかわっています。エストロゲンは女性が子供を産めるカラダにするために生理前になると乳ぼうや子宮の「細胞分裂」を盛んにうながします。生理前に乳ぼうが張ってしまうのもこのためです。

 

この時、エストロゲンは「正常細胞」と「異常細胞(「がん細胞」)」の見分けがつかないので、がん細胞も「見境いなく」増やしてしまうのです!

 

普通、人は毎日およそ「2兆個」の細胞が新しくできるといわれていて、そのうちの「数千個」が「遺伝子情報」を間違ってコピーしてしまった「失敗細胞」すなわち「がん細胞」になると言われています。これは一つの細胞が何度も何度も繰り返し分裂するためにDNAが次第に傷ついて起こる現象だそうです。

 

ところが生理前にはこの「がん細胞」がエストロゲンの働きで異常に増殖してしまいます。仮に1万個のがん細胞が10回細胞分裂したとすると、その数はなんと「1,024万個」にもなります!なんとも恐ろしい数です!発病しないほうがむしろ奇跡なのかもしれません。

 

通常は「ナチュラルキラー細胞」をはじめとする「免疫細胞たち」が日々退治してくれるので、病気としての「がん(「悪性新生物」「悪性腫瘍」)」は発病しませんが、下の「A」「B」ような状況が重なると発病のリスクが高まってしまいます。ちなみに発病後、直径1センチくらいのしゅようのがん細胞の数はおよそ「10億個」と言われています。

 

昔の女性は沢山子供を産みましたから、人生の中で生理の無い期間がとても長くエストロゲンががん細胞を細胞分裂させる期間も短かかったので、必然的に乳がんも少なかったと考えられます。

 

しかし現代の少子化の中、女性の生涯のエストロゲンの分泌量は従来のお母さんの何倍も多いのです。

 

A「ストレス」(「コルチゾール」)
現代では、女性の社会進出や世の中の複雑化(ネットで色々日常生活も複雑だったり)による「ストレス」も乳がんを増やしています。
ストレスが溜まると何故がんになりやすいかというと、「コルチゾール」という「ストレスホルモン」が原因と言われています。

 

コルチゾールは免疫の働きを弱めてしまいます。アドレナリン同様、コルチゾールは脳や筋肉を動かすために「栄養」と「酸素」の運搬を優先させるため、「赤血球」が血液中では優位となって免疫細胞の詰まった「白血球」の血中濃度を下げてしうのです。コルチゾール濃度が高いと血管も痛めるといわれています。

またストレスがかかると人の体温は下がることが実験で分かっているそうです。恐怖や強いストレスを感じたとき、よく「顔面蒼白になる」とか「肝を冷やす」などと言いますが、その時体温も実際に下がっていて、代謝や血流、免疫機能も落ちてしまうのだそうです(「手の治癒力」著者/山口創(桜美林大学教授身体心理学者))。


それからストレスによる「交感神経の興奮状態」も免疫機能を落としてしまいます。2018年12月のためしてガッテンによれば、「交感神経が優位になっているときは、その末梢神経がリンパ節を締め付け、リンパ系細胞の出口を閉じさせている」ことが最近の研究で分かったそうです。

 

つまりリラックス状態の「副交感神経優位」の状態でなければ、リンパ節の出口はいつも閉じてしまっていることになります。

 

これらの状態が長く続けば当然病気にかかるリスクが高まってしまいます。
それなので、ストレスを上手に逃がし、解消し、リラックスしている状態を意識的に増やしていくことが大切ですね。

 

「自分は今どれだけのストレスが溜まっているか調べる方法はないのかな?・・・」ふとそんなことを考えてみました・・・。なかなかストレスを直接測定して数字に表すのは難しいですよね・・・。でもいい方法を思いつきました!ありました方法が!!!「コルチゾールの血中濃度」をはかることができればある程度自分のストレスのたまり具合を知ることができます!

 

これだ!と思い、ゴソゴソとキットのようなものが売られていないものかと調べてみました!そしてこちらもみつかりました・・・ががが、はじめに見つけたものはよく見ると「研究者用」との記載があり、価格も62,000円もしました・・・。「家庭用はありませんか?ウンヌン」とメールはしてみたものの期待は持てません・・・。

 

あきらめきれずさらに探しました!人間あきらめずにやってみるものですね!見つかりました!さすがAmazonです。今やAmazonにも「先生」のふた文字を付けないと失礼な気分になってきます(笑)。ちなみに今日(2019.5.12)の表示価格は「24,408円」です。
「コルチゾール+DHEA/DHEA-S」【NLASI】「コルチゾールの日内変動およびDHEAを調べます。」
Amazonはちょこちょこ値段が変わりますし、物によっては「クーポン」が出ていることもありますからこまめにチェックするのがおすすめです!

 

B多忙による「睡眠不足」「湯船につかる時間不足」

 

現代女性はとにかく忙しい人が多いのではないでしょうか?免疫細胞は睡眠時に最も働くそうです。睡眠不足が続いたときに風邪をひきやすいのもそのためです。

 

また忙しくてついついシャワーだけで済ませてしまうことも、血行促進やリンパの流れについては充分ではありません。心地よい入浴をすることで幸福ホルモンである「セロトニン」も分泌されるといわれていますから(東日本国際大学教授・脳科学者中野信子氏)、ゆっくり湯船につかり血流を高め、免疫力も上げるセロトニンの分泌もうながしてあげるようにしましょう。

 

結局乳がんの直接の原因はこれらの要因による「免疫力の低下」ということになります。

 

生理前にはできるならば仕事量を少し落とし、ゆったりとして副交感神経優位の状態を意識して増やし、入浴時間も大目にとって十分カラダを休めてあげましょう。

 

ちなみに僕もゆっくり眠りたいときは自分でふくらはぎや腕をアロマでマッサージするのですが、時間に余裕のない時はルームフレグランスのキャップをあけて香りをかいでリラックスします(^^♪

 

愛用しているのは「生活の木」のローズです。希釈したボディ用のローズオイルよりずっと強くゆたかに香ってよく眠れます♪


生活の木 ブレンドエッセンシャルオイルルームスプレー ロージールーム 80mL 4954753084885

2019.1.8

 

「おうちでドック(女性用)」の内容はこちら

 

健康コラム/2 「去年の病気とセラピスト」
健康コラム/3 「私が経験した甲状腺ホルモン亢進症体験」

page top