健康コラム34「外出自粛」「ひきこもり」「うつ」の元 どんより気分に要注意!


34 「外出自粛」「ひきこもり」「うつ」の元 どんより気分に要注意! (2020.4.7)

1、「ひきこもり」が「あたりまえ」は「とても危険」

うつ割りあり女性用訪問アロママッサージ・ラクラス「ひきこもり」


感染症による外出自粛で家からでないことが多くなっていると思います。法令ではないので強制力はないけれど、だいぶつよい要請ですね。

緊急事態宣言も「個別・具体的な指示・命令」がでるまでは、とくになんらの法律的効力も発生しない、とはいえ、気分的には自粛ムードがより強まります。

リモートワークの浸透もあり、「ひきこもりが日常」という方もだいぶふえたのでは?

学校の長期休校も、こどもへのストレスはオトナが思うよりかなり大きいはずです。子供は「走りまわったり」、「さわぎまわったり」することが、「仕事のような」ものですから、ひきこもりとは縁のない存在です。

でも、今の世の中、「みんなひきこもりはあたりまえだよ」と決め込んでしまうと、「別な健康リスク」が大きくなってしまいます。

そちらも決しておろそかにできません。

高齢でもなければ、深刻な病気もない「健康な人」や、じゅうとく化の心配が少ない「子供たち」にとっては、むしろ「ひきこもり」による「うつ」のほうが、深刻な長期疾病になる可能性があります。

2、「日光を浴びない」「歩かない」は「セロトニン」不足に!

うつ割りあり女性用訪問アロママッサージ・ラクラス「外出自粛」

セロトニンは体内ホルモンのひとつで「安心ホルモン」「幸せホルモン」ともよばれます。

「うつ」状態とは、「脳科学の観点」からは「セロトニンが極端に脳で減少している状態」といわれます。

いつも「不安」にさいなまれ、「落ちついた気分ですごすことができない」状態ともいえるでしょう。

この「うつ」をふせぐセロトニンは「日光をあびるとふえる」し、「リズム運動でもふえる」とされています。

みなさんも休みの日などに家から一歩も出ないと、「なんかくさくさした気分」になることがあるはずです。これがセロトニンがでていないことのサインなのです。

これは「うつ症状」のいちばんはじめの症状といえます。

またセロトニンは「たそがれどき」から、「メラトニン」という物質にかわりはじめます。

このメラトニンは、「安眠ホルモン」「熟睡ホルモン」といわれる物質です。子供の頃、遠足やそとでよく遊んだ夜はぐっすり眠れた記憶が誰しもあるでしょう。

疲労ももちろんですが、この「セロトニン」・「メラトニン」による効果でもあるのです。

「夜眠れない」と、これも大きなストレスとなって、「うつ」のよび水となります。

また「脳が休息できない」ことも「うつ症状をまねく」素ですし、そんな生活を数年単位でつづければ、やがて「認知症」のリスクをつくってしまうことにもなります。

日本では「冬季うつ」という言葉さえあります。外出もし、ふつうに生活していてさえも、冬は日照時間がへるので「うつ」になってしまうという病気です。

「いまどきのリモートワークをかる~くこなして、ひきこもってもかっこよく仕事がこなせる、できるヤツなんだ、おれって!」なんて大人げない価値観の幻想は決していだかないでくださいね(^O^)。

ぼくの親友も実際これで「うつ」になってしまいました。「くさくさした気持ち」はお酒と仲良しです。

彼はアルコール依存症も併発して、昼過ぎまで寝て日の光を浴びず、歩くこともしなくなって、ひきこもりになり、うつになってしまった見本のような働き盛り男子です。

脚の筋肉はやせ細り、シワも白髪も見違えるように目立ち、まるで年金生活の後期高齢者のようになってしまいました。少し前まで「53才のイケてる独身」だったのに・・・。

また、とくに「子供」たちは大人が思うより、「環境の変化」による「ストレス」やカラダの不調を、「敏感」にそして「強く」感じるものです。

オトナが「自分を基準」に想像するより、はるかに速いスピードで健康を害する可能性があります。

まわりの大人がいつもより注意深く見守ってあげましょう。

3、「歩かない」「運動不足」「血液をまわさない」と「まえむきホルモン」がでない!

うつ割りあり女性用訪問アロママッサージ・ラクラス「うつ病」

ヒトはあるき、筋肉に負荷をかけると「テストステロン」という体内ホルモンがでます。また骨に振動が加わることで、「アディポネクチン」というホルモンもでます。

これらは別名「まえむきホルモン」「元気ホルモン」「若返りホルモン」「記憶力アップホルモン」「精力アップホルモン」ともよばれるすばらしいホルモンです。

一般的には「幸福ホルモン」としては表現されませんが、個人的には幸福ホルモンの「筆頭」だと思っています。

それなので、「あるかない」「運動しない」はそれだけで気分がしずんでいきますし、そとにでないで日光もあびなければだれでも「うつ」になっても不思議ではないのです。

また寝ているときは立っているときと違い、「脚」には血液が少ない状態で、結果上半身に血液が溜まり気味になります。

そのため起きてからろくに歩きもしないうちに、「上腕」で血圧をはかると、とんでもない数字になることがあります。

わたしはきのうその状態で「160」もあった血圧が、散歩してきただけで「127」まで下がりました(135以下が正常値)(^^)。それまであった「アタマが重いカンジの頭痛」もすっかりなくなっていました。

自分の脚の体積がいったいどのくらいなのかは測ったことはありませんが(笑)、上半身によどんだ血液を脚にも送り、ちゃんと「歩いて血液の循環」をしっかりとつくってあげることがいかに大切かがよく分かります。

体内ホルモンは「血流にのって」全身の臓器に働きかけるわけですから。

「外出自粛」も「結果的ひきこもり」も仕方のないことですが、「うつ」のリスクも身近にあるし、「うつ」のおそろしさも「すぐそこにある」ことをしっかりと押さえ、「ダラダラひきこもり」には十分きをつけましょう。

(原稿作成日 2020.4.7)

今日もご覧いただきありがとうございます。

page top