35「若返り」はカンタン。 「マイオカイン」と「若返り筋トレ」


35 「若返り」はカンタン。「マイオカイン」と「若返り筋トレ」 (2020.4.14)

目次
1、「若返り」というワードがあてはまる年代と「健康管理の問題」で考えるべき年代。
2、「お肌」「血管」「内臓」のいずれにも、筋肉からでる「若返りホルモン」が効果を発揮する。
3、「若返り」、「脳の活性化」にも、「マイオカイン」が効果を発揮する。
1、「若返り」というワードがあてはまる年代と、「健康管理の問題」で考えるべき年代。

うつ割りあり女性用訪問アロママッサージ・ラクラス「若返り」


人はある程度の若返りは比較的カンタンにできます。年齢によっては「若さを維持する」という言い方のほうが、的を射たいい方かもしれません。

もちろん、まだ20代の成長が止まっていない人が、「10代の頃の若い肌」に若返りたいとか、まだ30代で内臓も筋肉もしっかりしていて、カラダが完成したばかりの年頃の人については

「若返り」ということはあまり期待はしないでください(^^)。「現在の健康な状態を維持できる」という効果だけになります。でも十分ですよねw。

若い方の「お肌の悩み」などは、若返りの問題というよりも、むしろ、「健康管理」の問題です。

「睡眠不足」「腸内環境悪化による便秘」「メンタルコントロールミステイク」による「ストレス」「ジャンキーな食事」による「栄養管理怠慢」です。これらは自己管理をしっかりする努力を考えましょう。

ですからこの記事の内容で比較的充実した「若返り効果」が期待できる年代のかたは、40代以降の「壮年期、中高年、高齢者」の世代の人だと考えてください。

酵素ジェイズ・ドリンクの公式サイト
2、「お肌」「血管」「内臓」のいずれにも、筋肉からでる「若返りホルモン」が効果を発揮する。

うつ割りあり女性用訪問アロママッサージ・ラクラス「お肌」

歩いたり、筋肉をきたえたりすると「若返りホルモン」「前向きホルモン」「元気ホルモン」「記憶力アップホルモン」ともいわれる「テストステロン」という体内ホルモンが分泌されます。

また骨に振動が伝わったときは、「アディポネクチン」という体内ホルモンがでます。(「病気の9割は歩くだけで治る! PART2」/長尾 和宏 (著))

毎日きちんとしたトレーニングができる恵まれた環境があればいいのですが、忙しく働いている一般的社会人には難しい話しです。

そこでわたしがいつもやっている「カンタンに隙間時間でできる」ホルモン分泌法をご紹介します。

(1)「信号まち」でもできる、「エレベータまち」、「電車待ち」、「レジまち」でもできる
① 「かかとの上げ下げ運動」・・・コンビニのレジまちなんかでよくやります。
②「 おなかひっこめ運動」・・・運転中でも、どんなスキマまちでもできます。

③「 ひざうえ筋肉しゅうしゅく運動」・・・これもまわりにほとど気づかれないので、いつでもこっそりできます。

④ 「スロースクワット」・・・これがいちばん健康効果が期待できるかと思います。屋内でもできますが、しっかりとやるとかなりの運動になりますから、汗もじっとりかきます。

⑤「散歩」・・・これはメンタルの健康を維持するためにも「必須」ですね。

わたしの親友はひきこもりで、久しぶりに会ったとき本当に老けていました。

おたがいが並んで、道ばたのお店のサッシュに姿がうつったときなど、本当にハッキリと目の当たりにしてしまいます。

実際にちょこちょこスキマ時間で筋肉を動かしていると、散歩のときの歩行速度もあがるし、ときには「かるく走ってみようかな」と思って、実際に少し走ったりします。

顔の血色もいいです。スキマ時間でちょこっと筋トレはとてもオススメです。

口腔粘膜で肌質遺伝子を調べる【DNA BEAUTY】公式サイト

3、「若返り」、「脳の活性化」にも、「マイオカイン」が効果を発揮する。

うつ割りあり女性用訪問アロママッサージ・ラクラス「マイオカイン」


「マイオカイン」とは、筋肉を動かし、鍛えることで分泌される、複数の有益ホルモン・有益物質の総称です。

代表的なものは、「テストステロン」「アディポネクチン」などの体内ホルモン、「ミオスタチン」「IL-6」「イリシン」「スパーク」などのタンパク質がありますが、とても沢山の種類があります。

2016年だけで世界で「100本以上の論文」が発表され、現在もまだ新しい研究がなされている状態です。

自分の遺伝子の傾向を調べられる検査キット「MYCODE」公式サイト

たとえば「がんの増殖が抑えられた」、「うつ症状の改善に効果があらわれた」「記憶力が高まる可能性がある」などいろいろな健康効果の論文が出されています。

それらが整理され、学会で正式に承認されて、正式な学術的出版物となるまでには、まだしばらく時間がかかるでしょう。

わたしはカラダを動かす仕事がしたいと思い、ここ数年配送の仕事をメインにしていますが、荷物の積み下ろしでいつも軽くカラダを動かしているので、メンタル的にも肉体的にも、とてもいい状態で日々をすごしています。

またセラピストの仕事では脚をふんばったり、腕と背筋をつかって、チカラが加わるよう施術したりしますから、筋肉はいつもプチきたえている状態です。

筋肉を使わない生活パターンのかたは、意識して筋肉を使うようにしましょう。

(原稿作成日 2020.4.14)

今日もご覧いただきありがとうございます。

page top