各種ホテルに呼べる女性用女性用出張マッサージ川崎「ラクラス」


健康コラム/9 「わかりやすい!制御性免疫細胞『Tレグ』とは?」(2019.8.20)

深夜営業女性用出張エステ ラクラス「Tレグ」

「T レグ」という免疫細胞をご存知でしょうか?1995年に大阪大学教授の坂口志文さんが発見した免疫細胞です。

この細胞は退治型免疫細胞・攻撃型免疫細胞の暴走を鎮(しずめ)てくれる細胞です。一般的にアレルギーは免疫細胞が暴走しておこる症状だと言われています。

(「退治型・攻撃型」にはたとえば「好中球・マクロファージ・T細胞・ナチュラルキラー細胞」などがありますよね)

また「多発性硬化症」という大変な難病も免疫細胞が暴走して脳の一部を攻撃することによって起こる病気だそうです。(ちなみに先月放送されたnhkスペシャルの「安楽死」で取り上げられた患者さんも多発性硬化症で、まだ50代の方でした。)

実は非常に重篤なアレルギーの患者さんも、多発性硬化症の患者さんも腸内細菌である「クロストリジウム菌」という菌が腸の中に全く存在していなかったそうです。「クロストリジウム菌」がメッセージ物質を放出すると「T レグ」という制御性リンパ細胞が生まれて暴走している免疫細胞を鎮めてくれるそうです。

このクロストリジウム菌は 食物繊維をとるとたくさん増えて来るそうです。(以上、NHKスペシャル「人体第4集」より)。

NHKスペシャル人体第4集の放送で、横浜市にある「總持寺(「そうじじ」。 石原裕次郎さんも眠るお寺として有名。)」に上山(じょうざん)した若い修行僧たちが、お寺で修業するようになってからは「花粉症も気にならなくなったしアトピーも喘息も治った」という体験を、

ご本人たちが直接VTRに出て話していました。20人ほどの修行僧が「改善した」と証言したそうです。

早稲田大学の教授が調べたところ、お寺で口にする精進料理には食物繊維が豊富に含まれていてその修行僧さんたちの腸内からもれなく「クロストリジウム菌」が見つかったそうです。クロストリジウム菌は「制御性免疫細胞 T レグ」を増やしてくれます。

ご存知のように食物繊維はごぼうや海藻こんにゃくなどに多く含まれています。

わたしはこの時期、海藻は水で戻す乾燥わかめともずく酢でサクッととっています。戻したわかめにもずく酢をかけるだけです。きゅうりがあればきざんで入れることもあります。

ごぼうのきんぴらも醤油(しょうゆ)で味付けするだけで十分おいしいので、最近はよく食べています。ひじきと大豆の煮豆も食べるようにしています。

また、めかぶやもずくに含まれている「フコイダン」はおそろしく健康に役立つ成分です。かんたんに書くと「美肌作用」にはじまり「抗がん作用」「動脈硬化を防止する作用」「活性酸素を消してくれる作用」が医学的に確認されているそうです。これ以外にもまだ重要な働きをしてくれます。

「フコイダン」の科学的健康効果についてはより詳しい解説やデータの出典説明が必要になりそうですので、回を改めたいと思います。

とにかく海藻(かいそう)をはじめとする食物繊維は人にとって非常に大切で不可欠な食材要素ですから意識して摂取(せっしゅ)し、カラダの健康からこころと脳の健康につなげましょう!

今日もご覧いただきありがとうございます。


ユーグレナ・マイヘルス腸内フローラバランスチェック GENETIST「子どもの能力遺伝子検査キット」隠れた才能・学習能力・身体能力 ダイエット遺伝子検査キット【遺伝子博士】肥満遺伝子検査
ユーグレナ・マイヘルス腸内フローラバランスチェック

ご自分よりもぜひお子様に!

GENETIST「子どもの能力遺伝子検査」

見つけてあげましょう隠れた才能!

ダイエット遺伝子検査キット【遺伝子博士】肥満遺伝子検査

お子様のためにもご自身の健康に!

page top